きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

牽牛花

2020年06月26日

夏至が過ぎ、夏本番になってきました。ご機嫌いかがですか? 制作のことことです。

例年ですと7月上旬には入谷朝顔まつりが開催されるのですが、今年は新型コロナの影響で中止に…長く続いてきた東京の夏の風物詩であるだけに、残念でなりません。

朝顔といえばこの映画が思い出されます。

『利休』(勅使河原宏監督 1989年公開)。

安土桃山時代に侘茶を完成させた千利休と、時の権力者:豊臣秀吉の関係を描いた作品です。利休を三國連太郎・秀吉を山崎努が演じており、登場する掛け軸や茶器の大半は美術館などから借りた本物(という事は国宝級…?)という、今にして思えば贅沢な映画でした。

その冒頭で、朝顔が効果的に使われています。
…利休の屋敷で朝顔が満開だと知った秀吉が訪れたものの、庭のどこにも咲いていない。不思議に思いながら仄暗い茶室に入った所、見事に咲いた朝顔が一輪、花器に生けられていた…

なにせ◯十年前に見ただけなので、細かい内容は覚えていないのですが、その場面だけは当時高校生だった自分でも「おっ」と驚いた記憶があります。

この映画は野上弥生子『秀吉と利休』を原作として制作されました。

野上弥栄子 秀吉と利休 新潮社 昭和60年8月20日30刷  表紙もボロボロです…

ところが本には朝顔の場面は書かれていないのです(たぶん…今回読み返してみても発見できませんでした。読み込みが浅いのか?)。余談ですが、この作者の文章は美しく深みがあり魅き込まれます。興味を持たれた方はお読みください。

もちろん書かれている内容全てが映像化されるわけではないのは理解しています。
ただ原作にない朝顔の場面を、敢えて映画の冒頭に持ってきて「掴み」とした…そこに監督の強い思い入れを感じるのは私だけでしょうか。
ちなみにこの朝顔の話は、江戸時代初期に上梓された『茶話指月集』に載っています。この本は利休に関する逸話が多く収められていて面白いですよ。
監督の勅使河原宏(てしがはら ひろし)氏はいけばな・草月流の家元だった方です。
一輪の花が与える影響を知らしめたかったのかもしれません。
中止になった朝顔まつりですが、公式ホームページから朝顔の購入ができます
4色の花が一鉢に咲く朝顔などが販売されているそうです。映画のように一輪とはいわず、様々な色合いの美しい朝顔を楽しまれては如何でしょうか。

茶話指月集江岑夏書 淡交社 平成23年9月13日初版発行

お電話での
お問い合わせ

受付時間 9:00-17:00(土日祝除く)

出版社様はこちら

TEL03-6240-0588

FAX:03-6240-0608

一般企業様、印刷会社様、
デザイナー様はこちら

TEL048-421-8571

FAX:048-422-0834

フォームからの
お問い合わせ

お問い合わせページへ