きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

Life Time Value(顧客生涯価値)という考え方

2022年05月31日

社長の木元(哲)です。

春のとある週末に、「オンライン俳句教室」に参加しました。

最近の私のお気に入りのテレビ番組にTBSの「プレバト!!」があります。
ダウンタウンの浜ちゃんが司会で、芸能人が様々なアート分野で作品を披露し、
各々の分野の専門家の先生が査定して才能のランキングを付けるという番組です。

色鉛筆画や壁アートのコーナーも好きですが、私が一番気に入っているのが
俳句のコーナーです。
夏井いつき先生が、著名人のゲストが作成した俳句を、容赦のない毒舌で
評価・添削する様子が実に痛快です。
また、見れば見るほど俳句の奥の深さを感じることが出来ます。

視聴者として楽しんでいただけの俳句ですが、「俳句教室」に参加してみようと
思ったきっかけは、
サントリーウェルネスという会社からのお誘いでした。
この会社が販売するサプリメンを定期購入すると、
「Good Aging School」
という会員限定のサイトに登録することが出来ます。
会員になると、フィットネス、アンチエージングのほかにカメラ、料理、音楽、教養など
80以上の様々な分野のレッスンやセミナーを無料で受けることが出来ます。
メールで「夏井いつき先生の俳句教室」の企画の案内が来たので、
早速申し込んで参加してみました。

いやー、面白かったです。
夏井先生が出したお題に対して、視聴者(1,000名以上はいたようです)が
どんどん俳句を投稿していって、優秀作品を夏井先生が選んでいくという、
ライブ感あふれる企画でした。
私の作品はもちろん、優秀作品には選ばれませんでしたが・・・(涙)。
こんな企画にまた参加できるなら、暫くはサプリメントの定期購入はやめられない、
と心に誓ったのでした。

Life Time Value(LTV:顧客生涯価値)というマーケティングの考え方があります。

企業がある顧客から生涯に渡って得られる利益のことを指します。
企業は新たな顧客を得るために、さまざま施策に対して人的なリソースや大きな資金を投じます。
そうして得た顧客とは、一度の取引だけで関係を終了させず、その先も良好な関係を築いて
顧客ロイヤルティ(企業や商品への愛着・信頼感)を向上させることによって、
アップセル(上位サービスへの乗り換え)やクロスセル(新たなサービスの紹介)することによって、
継続的に効率よく収益を最大化させようとするのがその考え方です。


私が生涯支払うであろう額の期待値は、サントリーウェルネスさんに正確に予測されていると思います。
知らないうちに私のLTVがしっかりと計算されているのです。
考えてみれば怖いですね。

このLTVという考え方は、主にB to Cのマーケティングで使われるものですが、
勿論、B to Bにも応用することが出来ます。
その手法が使えたら大きな武器になりそうです。

最後に一句

  海岸に 白球踊る 薄暑かな

才能なしか・・・。


以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

インキちゃんワールド
きもとblog
伝つくラボ
印刷会社の印刷を学ぼう!
対応フォント
ダウンロードコンテンツ
ちょこトピ