きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

PDF出力ライフハック

2021年11月26日

バッハです。めっきり冷え込んできましたが、寒さには強いほうです。

紙のサイズより大きなPDFをプリントするとき、みなさんはどうしてますか。

A3ノビでも入りきらない場合は、分割してプリントすることになると思いますが、通常は印刷設定でページサイズ処理→ポスターを選択。タイルマークをつけて重なりを入力してプリントではないでしょうか。

ところが「重なりがうまくいかない」「中途半端なところで分割されて枚数が多くなる」「絵柄が紙のセンターにならない」など意外と微調整が必要だったりします。

プリントのために労力と時間を浪費して疲れてしまうなんてもったいないと思ったことがある方。

そんな方には別のプリント方法があります。

PDFのサイズが461×214mmの書籍カバーの場合

・出力するPDFを開く。

・左の角トンボが見えるように左固定でPDFの天地が収まるように任意の倍率で表示。

・PDF以外を表すグレイバックが見えている場合は表示ウインドウの天地サイズをグレイ部分が見えなくなるように調整。

・ウインドウの左右は左の角トンボからセンタートンボ+若干の余白が入るように右側を調整。

以上の準備ができたら

・印刷設定→詳細オプション→現在の表示範囲を選択。ページサイズ処理は実際のサイズを選択。印刷プレビューがPDFの表示範囲と同じになります。

・印刷プレビューがオーバーぎみの時には用紙設定を変えてください。今回はB4でプリント。

・表示範囲が印刷プレビューの仮想用紙サイズのセンターにきっちり収まります。そしてプリント。

右側をプリントする

・PDF表示画面にもどり、ウインドウサイズは変えずにルーラーを使用して、今度は右の角トンボが収まるまで表示範囲を移動。

・左側と同じ手順でプリント

以上のようにすることで任意に出力範囲をコントロールしてプリントすることができます。試してみてください。

インキちゃんワールド
きもとblog
伝つくラボ
印刷会社の印刷を学ぼう!
対応フォント
ダウンロードコンテンツ
ちょこトピ