きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

太陽とコミュニケーションと笑いと運動、そして工夫することが大切だと気づきました。

2020年04月22日

皆さん、こんにちは。不定期ですが、在宅勤務してますジャッキーです。今日は自宅でこのblogを書いています。
前回は家で過ごす時間が長くなり、普段は読まない「マンガ」にはまり出しました、というblogを書きました。
きょうは、厳しい状況が続く中で、改めて「大切なこと」に気づいた、というお話を書きたいと思います。
親目線が多いこと、お許しください。

先週の日曜日、埼玉は抜ける様な青空で、4月とは思えないポカポカ陽気でした。前日の雨が汚いものを全て取り払ってくれた様な空でした。そんな日曜の昼下がり、中3の息子から提案がありました。

『昔みたいにベランダにシートを敷いて、みんなでご飯を食べよう!』(確かに、太陽を浴びる時間も減っている…)
ベランダは想像以上に暑く、シートを敷いても床は熱く、20分ぐらいしかいられませんでしたが、とてもリフレッシュ出来ました。
太陽の恵みを心から感じることが出来た時間でした。

休校中の息子は週に数回、親友と、zoom会議ならぬ、zoomで会話しながらオンラインゲームを楽しんでいます。

画面越しの親友との会話は毎回、ほぼノンストップ、笑い声で溢れています。
家族以外誰にも会えない息子たちにとって、このコミュニケーション時間は「心」を保つ、とても大切な時間なのだと思いました。

バスケ命の息子。ですが、当然バスケは出来ません。休校中は体幹・筋トレを続けていますが、最近それに、エアロバイクを追加しました。10分程の運動ですが、筋トレと比較にならない程汗だくに。それだけでスカッとリフレッシュ出来る様です。

学校がないので、勉強も自主的に続けるしかありません。在宅勤務中は同じ部屋で、ソーシャルディスタンスを保ちながら、私は仕事、息子は勉強をしています。
勉強中、横を向けば母がいる…。そんな空間が嫌だったのでしょう。徐に段ボールでパーテーションを作りはじめ、私の視線をシャットアウトするという工夫を施しました‥。
本日在宅4日目。もう私の視線を感じず、集中出来ている(はず)。

今まで当たり前に出来ていたことが、当たり前に出来なくなっている今。

今だからこそ、その大切さに気づくことが出来たのかもしれません。

皆さんにとって、今、一番大切だな、と感じていることは何ですか?


きょうは、いつも以上にとりとめのない話になってしまいました。

最後までお読みいただき、有難うございました。 

皆さん、共に乗り越えましょう!

 

お電話での
お問い合わせ

受付時間 9:00-17:00(土日祝除く)

出版社様はこちら

TEL03-6240-0588

FAX:03-6240-0608

一般企業様、印刷会社様、
デザイナー様はこちら

TEL048-421-8571

FAX:048-422-0834

フォームからの
お問い合わせ

お問い合わせページへ