きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

『ホーリー牧場に子牛がやってきた!』

2020年03月27日

こんにちは!
営業部のホーリーです。
前回のブログでお伝えしたように、
今回は『ホーリー牧場に子牛がやってきた!』をお送りいたします。
皆さんは、「和牛」を名乗れる牛の正体を知っていますか?
「和牛」と名乗れる品種は実は4種類の牛しかいないそうなのです。
なので僕は実際に全国各地の牧場を訪れて、
その4種類の牛を見てきました。
まずは「和牛」全体の95%を占める黒毛和種。
この品種の特徴は、神戸牛や松阪牛などの有名な銘柄があり
4種類の中で一番脂肪が多いことです。
和牛といったらやっぱり黒毛和牛ですよね!
次に全体の4%が褐色和種。
こちらは褐色の体毛であかげ牛とも呼ばれ、
主に熊本県の阿蘇地方や高知県を中心に飼育されています。
肉質は程よい霜降りと、赤身の両方を楽しめるハイブリッドといえるでしょう。
そして全体の約1%ほどの日本短角種です。
北海道・青森・岩手・秋田など涼しい気候の地域を中心に飼育されています。
体毛は濃い褐色で、体が大きくがっしりとしています。
肉質も1番霜降りが少ない赤身肉です。
最後は無角和種です。
体毛は黒く、角がないことが特徴です。
この種類はとても数が少なく、
そのほとんどが、山口県の「無角和牛の里」で飼育されています。
無角和種は成長速度が速く1960年代では約10,000頭も飼育されていました。
しかし日本人の需要が霜降り肉にシフトし、脂身の少ない無角和種は淘汰され
250頭近くまで減少してしまいました。
絶滅を危惧され、山口県の阿武町を中心に無角和種振興公社が設立され
現在は約200頭が飼育されています。
さて、皆さんはどんな肉質がお好みでしょうか?
僕はというと霜降りも好きなのですが、断然赤身派です!
赤身肉をレアで、塩、胡椒やポン酢でいただくのが大好きです。
ということで、僕は岩手県に赴き日本短角種の子牛を1頭譲ってもらいました!
この牛は夏山冬里方式で春から野山に放牧して、冬は牛舎で育てると聞いたので
今はホーリー牧場の裏山で絶賛放牧中です!
肝心の名前ですが、おにく君と名付けました。
おにく君のけがや脱走が心配なので、一日中おにく君を観察し
毎晩おにく君が寝たのを見計らって、隣にテントを張って寝ております!
まだまだ牛が1頭しかいない小さな牧場ですが、
まずはこの1頭を美味しいお肉にするべく、全身全霊で子牛と向き合っていきたいと思います。
※今回のブログは一部フィクションです。

お電話での
お問い合わせ

受付時間 9:00-17:00(土日祝除く)

出版社様はこちら

TEL03-6240-0588

FAX:03-6240-0608

一般企業様、印刷会社様、
デザイナー様はこちら

TEL048-421-8571

FAX:048-422-0834

フォームからの
お問い合わせ

お問い合わせページへ