きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

銀河高原ビール

2022年07月26日

社長の木元(哲)です。

 

本格的な夏の暑さがやってきました。

ヨーロッパでも猛烈な熱波が襲っていて、

多くの都市で40℃超えの記録的な暑さとなっています。

熱波により森林火災も広がる事態となっています。

 

私が高校生だった頃の夏の部活を思い出します。

「今日は30℃を超える猛暑みたいだぞ」と戦々恐々と

していたことを思い出しますが、それから30年経ち、

今では40℃を超えることもめずらしくありません。

地球温暖化の深刻な影響を思い知らされます。

 

さて、最近はコロナで行けていませんが、真夏の時期に

避暑地で過ごすことが良くありました。

那須高原や八ヶ岳高原などです。

20年ほど前のことになりますが、那須高原に行った際の

定番のお土産が「銀河高原ビール」でした。

当時の日本ではめずらしい「ヴァイツェン」ビールで、

グラスに注ぐと白く上品に濁って、フルーティな香りが漂います。

無濾過で生きたままの酵母の味わいはとても深いです。

 

ドイツのミュンヘンに出張で行った際にも、食事の時に

「ヴァイスビア or ピルスナー?」と聞かれます。

殆どのドイツ人は「ヴァイスビア」を勧めてきます。

冷えていないのですが、ビール本来のフルーティな酵母の味が楽しめます。

まさに本場ドイツの「ヴァイスビア」を再現したのが「銀河高原ビール」です。

 

「銀河高原ビール」は、また、ボトルのデザインが秀逸です。

このビールはもともと岩手県の住宅メーカーが地ビールを盛り上げようと

製造・販売を始めたビールだそうです。

透き通る青い瓶のボトルに、岩手県出身の宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を

イメージした世界が描かれます。

ビールの味もさることながら、このボトル欲しさに買い求める人も多かったようです。

残念ながら今は瓶のボトルの商品は販売されていませんが、

缶ビールでその味は健在です。

 

我が家の窓辺には20年経った今でも銀河高原の青いボトルが並びます。

眺めていると避暑地で過ごした想い出が浮かんできて、

とても涼やかな気持ちになりました。

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

インキちゃんワールド
きもとblog
伝つくラボ
印刷会社の印刷を学ぼう!
対応フォント
ダウンロードコンテンツ
ちょこトピ