きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

服を縫ってみた

2022年07月22日

こんにちは、モンガです。

少し前ですが、テレビの影響で洋服を縫ってみました。
ネットで型紙を検索し、母のアドバイスをもとに布を購入。
初心者ということもあり、やや多めに布を買いました。
帰省するタイミングで、実家に材料を持ち込んで作成スタート!

採寸、型紙転写、裁断、仮縫いなど工程が多く、
「テレビでは、これぐらいなら3〜4時間だった」っという発言に母は
「洋服作りが得意な人たちの大会なんだから3時間で出来るんだよ。何言ってるの?」
と呆れながら、家事の合間に手伝ってくれました。
途中欲が出て、裾にブレードを追加したりとカスタムしながら、
ミシン作業を夕食後の3〜4時間を約4日間、2着縫いました。

見た目は、、、初心者感満載の出来ですが、なんとか形になったので達成感はあります。
現在も活躍している2着ですが、既に5回の直しを行なっています。
裾が微妙に長かったり、ミシンが甘くてほつれたり、ボタンをつけ直したり
自分が作ったからか、直すのもあまり苦に感じませんが、
市販の洋服が、丈夫にきちんと縫製されていることを実感しています。

先日母は端切れで、ヘアバンドを作ってくれたようです(まだ受け取っていません)。
私は作りっぱなしで、端切れの存在を気にもとめてなかったので、その一報に感心し、
端切れで他に何が作れるかを楽しそうに話している母とは、裁縫レベルの違いを痛感しました。
実家のミシンの使い方は把握したので、また気が向いたらチャレンジしようと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

インキちゃんワールド
きもとblog
伝つくラボ
印刷会社の印刷を学ぼう!
対応フォント
ダウンロードコンテンツ
ちょこトピ