きもとblog
木元省美堂の社員が様々な話題をお届けします!

おけらのひとりごとVol.8

2020年02月22日

指揮官の資質

こんにちは。おけらです。

前髪を自分で切りすぎてしょぼんとしていますが、よろしくお願い致します。

今回は僕自身、気持ちが落ち込んでいたり、批判傾向で昂っていたり、メンタルが散漫な状態にあるときに、平常心に気持ちを落ち着かせる時間を設けています。その手のお話をしようと思います。

話せば長くなっちゃうので簡潔に

僕は歴史や戦史が好きで、小説や文献を読んだり、映画やドキュメンタリーを良く鑑賞したりしています。

もちろん好きな時代がありますが、それ以外に地域や人々の生活、当時の画期的な発明や、政治家や実業家の活動、戦時であれば開戦に至る外交の経緯など含め、時代の当事者だった人々の行動や心理に感銘を受けたりします。

そんな自分ですが、最初にお話した自己を律する気持ちになったとき、重視している作品と時代、局地的な背景を加味してこれは!と思っている作品があります。

作品名は公表しにくいので、キーワードだけ。

①米国のTV作品:バストーニュの戦い(194412月中旬~19451月)

アメリカ陸軍の空挺師団、ある連隊ある大隊・中隊のお話

②日本の文庫本:インパール作戦(19443月~7月初旬)

日本のある兵団のある歩兵連隊・大隊のお話

上記とも指揮官である大・中隊長を主軸としてますが、基本は隊員たちの群像劇です。

かなり悲しい描写もありますが、登場する指揮官達の資質優劣が良く描かれていて、自分自身への戒めにもなるので何回も鑑賞・読書をしています。僕は所構わず読書する悪い癖があり、②の文庫本は読みすぎてボロボロになっています。

長くなるので感想は書きませんが、上記作品を鑑賞・熟読していつも気持ちをゼロに戻し、「こうありたい」と思うようにしています。

ポイントだけ絞ると、

・判断し指示出しするために思考すること(決断を下す。結果間違っていても判断をしない状況が無いようにする)

・指摘だけでなく、策を提案し共闘していくための思考をすること(ノープランは下策にも劣る)

・ポリシーは持つが、自己の型にはめこまない(他を許容する心の余裕をもつ)

・構造や全体像を理解できるように思考をすること(何が最善なのか、どこから始めるか、どう采配するか)

まあなかなか難しく、そうありたいと思うだけで終わってしまうのですが

自分が目指す理想ということで、とりあえず気持ちをリセットにといった感じです。

仕事で置き換えれば、人の資質を高めていくことにより、おのずと製品に対する技術・品質向上、顧客に対する意識も思考するようになり、更に外に発信する意欲を持てるようになる。いわゆる自信を持てるようになります。連動して組織の資質も高めていけば、全体的な意識が高まります。組織として重要なのは指揮する人材の資質を高めること。理想は高いですけどね。

そのためにはまず、自身の資質を高めないといけないなあと思い日々過ごしています。むずかしいなぁ。

お電話での
お問い合わせ

受付時間 9:00-17:00(土日祝除く)

出版社様はこちら

TEL03-6240-0588

FAX:03-6240-0608

一般企業様、印刷会社様、
デザイナー様はこちら

TEL048-421-8571

FAX:048-422-0834

フォームからの
お問い合わせ

お問い合わせページへ