伝つくラボ

2017年12月18日

年末年始に感謝を伝えるものだからこそ、もらってうれしいカレンダーを考えてみた

当社では以前から年末年始の挨拶回りにカレンダーを配っています。
お客様に感謝の気持ちを伝えつつ、使っていただくことで会社のアピールもできる「名入れカレンダー」は挨拶回りの定番アイテムですよね。しかし、私は知ってしまったのです…印刷会社でありながら事務的に発注していた事実を…。
そこで2017年版から「もらってうれしいカレンダー」にシフトチェンジした当社の名入れカレンダー。
初年度の反省を踏まえ、今年はどんなカレンダーになったのか、「もらってうれしいカレンダー2018年版」の制作過程をまとめました。

カレンダーができるまで

①かたちを決める

②紙を決める

③デザインを考える

④カレンダーを作成する

⑤フォントを選ぶ

⑥版面の設定

⑦表・フォントの調整、六曜を入れる

⑧色を決める、祝日を入れる、罫線の調整

⑨サブのカレンダーを作る

⑩納期を考える

⑪試作品作り

⑫修正・校正

⑬完成!

まとめ

カレンダーもできあがり、いよいよお客様のところにお届けする時期になってきました。
私も1月から使おうと思っているのですが、楽しみすぎて既に机の上にセットしています(早い)。
このカレンダーを少しでも多くのお客様に使っていただけたらうれしいです!

あなたの「伝わらない」を「伝わる」に変える!
伝わる販促ツールを作成するデザインサービス

あなたが普段使用している販促ツールについてこのようなお悩みを抱えていませんか?

  • 商品パンフレットを作ったけど注文がない。
  • チラシをつくったけど思ったより反応がない。
  • 会社案内を作ったけどなかなか業務内容を理解してもらえない…。

目標達成や業績向上を目指して、様々な販促ツールを利用して営業していても効果が見込めないのでは苦労ばかりでモチベーションも上がりませんよね。

上記のような問題はユーザーにとって「伝わらない」内容やカタチが原因で引き起こされています。
「伝わるデザイン」はこのようなお悩みを解消するために、情報が受け手に正しく伝わるカタチをデザインします。
また、販促ツールを作成したことがない方でも安心して頂けるよう、独自のワークフローで製作工程の負担を減らし、スムーズな進行を可能とします。

この機会にあなたの販促ツールを「伝わる」ツールに変えることをご検討されてみてはいかがでしょうか?

伝つくラボは、読者の役に立つ情報やわたしたちの考え、取り組んだ仕事の解説などをブログ形式で伝えていくプロジェクトです。
伝つくラボに関してお問い合わせをご希望の方は、お問い合わせボタンからお問い合わせください。

運営者情報

木元省美堂 
企画開発部 企画デザイン室

フォームでのお問い合わせ